いもとようこ原画展【兵庫】の日程や入場時間とおすすめ絵本3選

いもとようこさんの原画展「いもとようこの世界」が兵庫県立美術館で開催されています。日程や時間は?確認してから行きましょうね。月曜休館です。

スポンサードリンク

原画はここまで丁寧に作りこまれていた、を知る



いもとようこさんの原画展が
兵庫で開催されています。

まだ見ておられない方は
見る価値大ありのおすすめです。

ようこそくまちゃんカフェへ。

くまちゃんカフェ店長です。

人気絵本作家いもとようこさんの原画展「いもとようこの世界」

大人気の絵本作家いもとようこさんの
絵本原画展「いもとようこの世界」が
兵庫県立美術館で開催されています。

日程
2018年7月14日から9月2日まで
開館時間は
10時から17時まで
入場時間は
16時半までです。
月曜はお休みです。

いもとようこさんの原画はほのぼのというよりゴリゴリの職人技



絵本で見るとほのぼの、という
感じですが

原画を間近でみると
頑固な職人気質を感じます。

私は2009年の「いもとようこ絵本原画展」を

東京の大丸ミュージアムで見たのですが

想像していた
ふわっとした原画とは違って

細かく計算された
職人技に圧倒されました。

原画にはりついたまま
3時間ぐらい見ていた記憶があります。

思っていた画材と違う、という点で

「にじいろのさかな」原画展のときと
同じようなインパクトがありました。

切った紙やちぎった和紙を
繊細に貼り付けたものに

絵具や色鉛筆で着彩してあります。

絶妙なぼかしぐあいで

立体感が表現されています。

あの小さなりすさんたちの
ほわほわした毛の輪郭は

手でちぎった
和紙の繊維なんですよね。

スポンサードリンク

いもとようこさんの絵本で超個人的おすすめ3選

いもとようこさんの絵本は
ものすごくたくさんあるので
選ぶのは無理ですが、

個人的に好きな絵本を
ご紹介します。




しゅくだい
かつて目黒に碑文谷ダイエーがあった頃「アシーネ」の
絵本コーナーに毎日のように通っていました。

ある夏、課題図書になっていたので買った絵本です。

ストーリーがかわいくてたまらんですー。
小さい子供に読むとすごく喜びますよ。




てぶくろ

うさぎの姉妹のほんわかしたおはなしです。
ありそうでなかったストーリー。

寒い日に読むと心があたたまります。




こりすのおかあさん

原作はひろすけ童話です。
こりすが全力で駆け出すところが
「もちもちの木」の子供の駆け出すところと
ダブって感動してしまいます。
小さな子供の純粋さにときめきます。

絵本を自分で作る!作家を目指す!自宅で絵本ワークショップ

水彩画の描き方が初心者でもわかりやすい!おすすめの通信講座とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする