透明水彩絵の具の数は多い方が良い?いまだホルベイン15色で混色

透明水彩絵の具って、数が多い方が良いのでしょうか?うちにはホルベインの透明水彩絵の具が15色しかありませんが、はたしてイメージした水彩画は描けるのでしょうか?

透明水彩画は絵の具の数が多い方が良いのでしょうか

水彩画の絵の具がうちには15色しかありません。
もっと欲しいけど事情により
なかなか増えていかないです。

しかし先日、

ほぼ「書家」になった友達の展覧会へ
行くことになり、

一緒に行ったもうひとりの友人が

その「書」のイメージで絵を描いてみてよ

と言うので

興味深いし
練習のために描くことにしました。

透明水彩絵の具はホルベイン15色のみ

そのうちさ、
36色買うよー!

と5年前から言いつつ、まだ15色のままです。

この少ない色数で
どのくらい描けるのかわからないのですが、

とにかくやってみよう、

ということに。

こんにちは。
ようこそくまちゃんカフェへ。
くまちゃんカフェ店長です。

朝から1日がかりで水彩画を描きました。
絵を描くのは本当に楽しいですね。

余裕があったら
毎日描いていたいです。

さすがに色数が少ないので
絵の具が総動員・・・

と思いきや

なぜか
ピンクや黄緑などは

パレットに出すことがなかったので
トータル10色くらいでしょうか。

しかし

混色に次ぐ混色で

パレットがどろどろになりつつ
完成した絵はこちらです。

「月と花と蝶」

題材が決まっているって描きやすい

題材は友人の「書」。
書かれていたのは
3つの有名な俳句です。

登場するのは、
「月」「蝶」「ひまわり」「駅」でした。

3メートルを超える

巨大な「書」をながめながら
絵をイメージしました。

うちでは

いつでも水彩画が描けるように
パレットやスケッチブックを
用意してあるのに、

何を描くか
なかなか決まらず

悩んでしまい、
そして悩んでいるうちに

働かにゃ、と立ち上がり

時間ばかりたつ。

そんな凡人らしい日常です。

しかし

題材が決まっていて
さらにイメージで描くのって

スムーズで
楽しいんですね。

スゴイ発見です。

というか目覚めです。

自分で童話を書いて
そのイメージの挿絵を描く
練習をすることにしました。

24色あればあるなり、15色ならばそれなりの色

絵の具の色数は
あったらあったできれいだろうし、

なければないで混色して近づけていく、
という感じでいいのかもしれません。

今回は

思いのほか

イメージしていた色が
出たので

15色しかなくても
やればできるやん。と思いました。

それでも36色あれば

もっと微妙な美しい色も
でるだろうから、

やっぱりなるべく早く

いっぱい買いたいと思う
くまちゃんカフェ店長でございます。

まとめ

なぜかわからんけれど

童話や絵をもっと描きたくなりました。

というわけで久々に
短い童話を書きました。

誰にも見せるあてはないけど。

透明水彩絵の具の重ね塗り10回以上OKってマジ?描いてみました