募集中の絵本コンテストまとめ「絵本作家になりたい」を実現する鍵は

2019年の募集中の、これから募集される絵本コンテスト・絵本大賞情報をまとめてみましょう。あなたの「絵本作家になりたい」気持ちを実現する絵本コンテストはいったいどれなのでしょうか。

スポンサードリンク

2019おすすめの絵本コンテスト・募集中の絵本大賞まとめ

「あたらしい創作絵本大賞」募集中

大賞作品は未来屋書店にて絵本出版されます。販売は全国のイオンスーパー内「未来屋書店」で。参加費用が必要となります。


出典:絵本ナビ

第10回募集要項 

2019年1月8日(火)~2019年1月31日(木)当日消印有効

参加費用:1 作品につき2500 円

大賞1作品 賞状と賞金10万円。
優秀賞1作品 賞状と3万円。
佳作5作品 賞状と図書カード5,000円。

大賞作品は、未来屋書店にて絵本出版化。

審査員
●長野 ヒデ子(絵本作家)
●みやざき ひろかず(絵本作家)ほか

詳細は>>>https://amini.jp/contest.html

「日本新薬こども文学賞」募集中

絵本原作部門の受賞作品に絵画部門の受賞者が絵をつけるというユニークな絵本コンテスト。
童話は書けるけど・・・絵は描けるけど・・・という方に最適です。

第11回募集要項

2019年2月11日(月・祝)当日消印有効

物語部門≫
絵本原作を縦書きでA4サイズ(20字×20字)6枚以内

絵画部門≫
絵本原画となる「絵」。
・画材自由・サイズはA3・立体不可。

応募票をダウンロード。

受賞作品以外は返却可能。

最優秀賞受賞者は物語部門の最優秀賞作品の絵を描きます。
※画料は新たに発生しない。賞金に含まれます。

完成作品は3万冊印刷されます。

10回目の「日本新薬こども文学賞」で最優秀賞を受賞した絵本「おふろにはいるときは」が完成したと発表した。最優秀賞作品に絵が加えられた。企業の社会的責任(CSR)の取り組みの一環。約3万冊が全国の医療機関や図書館などの公共施設に配られる。※日本経済新聞より引用

こども部門・大人部門があります。

詳しくは>>>http://kodomo-bungaku.jp/invite.html

「子育て絵本大賞」募集中

あの幻冬舎のグループ会社である幻冬舎ルネッサンス新社が主催する新しい絵本コンテスト。のぶみさんが選び、作画して、出版する、のぶみさんが強い発言力を持つ「のぶみコンテスト」です。会社は自費出版にも力を入れているみたいなので落選しても自費出版・共同出版の勧誘があるかもしれません。

第1回募集要項

応募締め切りは2019年3月31日消印有効

幻冬舎ルネッサンス新社主催

審査員 のぶみ

・大賞・・・100万円+書籍化

・優秀賞・・・30万円

・のぶみ賞・・・のぶみさんの作画+出版

詳しくは>>>https://www.gentosha-book.com/contest18/picture_book/?utm_source=j&utm_medium=cpc

「ピンポイント絵本コンペ」

賞金はありませんが受賞すると青山の小さな地下ギャラリーで原画展が1週間開催されます。
参加費用が必要です。

出典:絵本ナビ

第20回募集要項

2019年4月28日、29日、30日搬入・郵送受付

参加費用:1 作品につき4,000 円

審査員
いとうひろし(絵本作家)、櫻井友貴(編集者)、土井章史(編集者)、西須由紀(ピンポイントギャラリー)

最優秀賞1名・・・個展
優秀賞2名・・・二人展
入選3名・・・グループ展
※7月に1週間ごと
於:ピンポイントギャラリー

詳しくは>>>www.pinpointgallery.com/

「講談社絵本新人賞」

絵本新人作家の登竜門といえばこれ。全国メジャーデビューが約束されます。児童文学部門もあります。昔、児童文学部門に渾身の200枚を応募して落選。玄関の郵便ポストで落選ハガキを見つめたまま、茫然としていたことがありました。脱力していたら編集部から励ましの長いお手紙が届いたのですが、その作品の創作に一年以上使い、力を注ぎすぎたため反動で脱力感がひどく、それ以来応募できていません。

出典:絵本ナビ

第41回募集要項

応募期間:2019年5月10日~31日(当日消印有効)

選考委員
●木坂 涼氏 ●はたこうしろう氏 ●松成真理子氏 ●村上康成氏●幼児図書編集長

新人賞
正賞  賞状・記念品
副賞  50万円 本社より単行本として刊行

佳作
正賞  賞状
副賞  20万円

※初版刊行時印税は、賞金に含まれます。

※単行本として絵本を商業出版(自費出版・共同出版を除く)実績のある方は応募できません。

主催:講談社
詳しくは>>>ehon.kodansha.co.jp/award/

「絵本のテキスト大賞」

日本児童文学協会主催の絵本原作募集です。小さい子供向けとなります。賞金はありませんが
絵本完成出版後、原作者としての印税が入ります。

第41回募集要項

募集期間 2019年4月1日から6月末日まで(消印有効)

主催
日本児童文学者協会と童心社

・大賞作品は著名な画家が絵を描き絵本として完成、童心社より出版。

<Aグレード> 幼児(3~5歳)……11見開きの原稿
<Bグレード> 幼年(6~8歳)……15見開きの原稿
選考委員
内田麟太郎・加藤純子・浜田桂子・大熊悟(童心社 編集長)

詳しくは>>>www.doshinsha.co.jp/special/ehontext/oubo.html

スポンサードリンク

絵本を自分で作る!作家を目指す!自宅で絵本ワークショップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする