水彩画のこどもがカワイイ!えがしらみちこさんの新作絵本登場

水彩画でこどもを描いたシリーズがかわいい絵本作家のえがしらみちこさんの新作が登場しました。ほのぼのしていて楽しい絵ですね。

スポンサードリンク

水彩画の絵本作家えがしらみちこさんの新作

えがしらみちこさんの新作絵本

あきぞらさんぽ【講談社】
が発売されました。

さんぽシリーズ
の一冊で

「あめふりさんぽ」
などいろいろありますね。

絵本作家でもイラストレーターでもなかった頃

ようこそくまちゃんカフェへ。

くまちゃんカフェ店長です。

10年ほど前になりますが

ねりごむの存在も知らない
まったくの初心者で
水彩画入門教室へかよっていた頃、

教室の80代90代の

お年寄りの生徒さんが描く
水彩画の花や、人形を見て

自分の求めているタッチと
なんか違うなあ・・・

と思っていました。

で、絵本の原画展などを
回っているうち、

水彩画といっても

いろいろ描き方があるんやん・・

ということに気づきました。

そしてネットで水彩画をいろいろ
検索しはじめたのですが

ある日
知り合いの知り合いの

江頭さんという女の子が
水彩イラストのサイトをやっている、
ということを知って

見てみたら、

きれい。。。

まだ絵本作家でもなくて、
イラストのお仕事もされてない頃
だったと思います。

こういう水彩画もあるんや、きれいや。

とちょくちょくアクセスして

見ていました。

でも、

お仕事ではなくて
ただ描いてはアップされているようでした。

上手やけど絵のお仕事ってないもんやな・・・

東京といっても厳しいな・・・と思っていました。

スポンサードリンク

絵本作家として成功されたえがしらさん



その後、

東京から引っ越して

結婚出産されて
絵本作家として

絵本を出版されるようになりました。

コンクールではなくて
小説の挿絵とか
コツコツ描きながら

絵本デビューに
つながったんじゃないか、と思います。

靴をすり減らして
出版社の編集者に会いまくって

きっかけをつかんで絵本デビュー

コンクールで大賞をとって
派手に絵本デビューも
いいですが

こういうじわじわした感じも、

素敵やなあ、
と注目しております。

10年前に比べると

画風は
少し変わられたような気がしますが

水彩だけでシンプルに
絵本を描いても

現代に
受け入れられるんだ、と

心強く思います。

いま流行は「おしりたんてい」・・・?

先日ひさびさに友達に会ったとき

ちょうど完成した水彩画を見せたら

ちょっときれいすぎるというか。もっと今流行している感じで描いたほうが世の中に受け入れられるよ。おしりたんてい、とか。

と言われてしまいました。
おしりたんてい・・・。

おしりヒーローとかでもいい?

くまのプーさんや

ピーターラビットが好きなんで

だいぶ遠い気が・・・。

スポンサードリンク

絵本を自分で作る!作家を目指す!自宅で絵本ワークショップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする