カラテカ矢部太郎のほっこり漫画「大家さんと僕」手塚治虫文化賞受賞

カラテカ矢部太郎さんが漫画を出版されます。漫画で「大家さんと僕」。まもなく発売日です。語学をたくさん習得したり、いろんな資格を取得したり、芸風は一貫してないけど多彩な芸人さんですね。追記:2018年手塚治虫文化賞を受賞されました

スポンサードリンク

カラテカ矢部太郎さんの漫画「大家さんと僕」は
11月10日発売


出典:大家さんと僕 [電子書籍版] 矢部太郎【楽天】

こんにちは。

くまちゃんカフェへようこそ。

くまちゃんカフェ店長でございます。

矢部太郎さんが
漫画を描いているとは
しりませんでした。

賃貸で引っ越したおうちは

もと二世帯か三世帯住宅のにぎやかなおうちで

現在は高齢の大家さんがすんでいます。

大家さんとの共同生活みたいになって

その8年間の生活を
描いています。

少し読んだのですが
ほっこりとしますねー。

毎月の家賃支払いの後の
お茶会で

仲良くなった、

とおっしゃっていました。

いまは家賃は
大家さんというより

管理会社に支払うスタイルが
ほとんどになりましたが

まれに
手渡しの家賃、

あるんですよね。

私も

はじめて一人暮らしをした
恵比寿のマンション、

毎月、大家さんに家賃を手渡し
してごはんやお茶を
ごちそうして

いただくことがありました。

東京って、
いいな。

と思ったものです。

スポンサードリンク

大家さんは90歳代?

カラテカ矢部さんの

漫画の内容から考えて

大家さん、
たぶん90歳くらいですね。

キュートです。

なんとなく
寂しい雰囲気が

ただよう生活の中に

ちいさな明かりをともすような
ふたりの生活ですね。

相方の入江さんは

合コンのセッティングだなんだで

ちょくちょくバラエティにも出ています。

コンビで見ることはすくないですが

あまりにも対照的なコンビ。

人脈が広く、合コンでブイブイの入江さんと

大家さんと静かにお茶している矢部さん。

これはこれで、

コンビギャップがすごくて

おもしろいですよね。

大家さんの漫画の絵にも、内容にも
矢部太郎さんの

人柄がでています。

やさしくていいひとなんだろうな・・・

カラテカ矢部太郎さんの漫画「大家さんと僕」は

電子書籍で読めます。>>>大家さんと僕 [電子書籍版] 矢部太郎【楽天】

ほっこり感が
鉄拳さんの
ぱらぱら漫画みたいですね。

追記:

2018年4月25日手塚治虫文化賞短編賞を受賞されました。
ニュースZEROでは又吉さんが
「昔からとにかく優しい人。
人柄が漫画ににじみ出てたそれがよかったのではないか」
とおっしゃってました。

まとめ

カラテカ矢部太郎さんが漫画を出版

「大家さんと僕」

高齢の大家さんとの静かな生活を
描いています。

矢部さんの人柄かにじむ

やさしい展開にほっこりします。

スポンサードリンク