牛さんがいて木のある風景画を暖かなお部屋で描いてみました

牛さんがいて木のある風景画を描いてみました!新しい水彩画の技法を取り入れてやってみたらとても楽しかった。

水彩画の木の描き方が楽しい!

「陽光」2021

1月も中旬を過ぎましたね。

お正月はいかがでしたか?

私は
年末おせちづくりで
ものすごくドタバタしましたが

年明けは

穏やかな陽射しあふれる
暖かな部屋で

絵と長編童話を描いていました。

昨年秋から
ほとんどテレビを観ず、

音楽も流さず

今年からは
スマホもほぼ夜までは

飛行機モードにしているので

すごく静かな日々です。

そんなお正月に

ほのぼのとした
牛のいる風景を描きたくて
構成から仕上げまで数日間。

いちおう水彩画ですが

透明水彩をベースに
ガッシュ、色鉛筆、鉛筆を

組み合わせています。

木を初めて「スタンピング」という技法で
描いてみたのですがいかがでしょう?

※このスタンピングについては
水彩画ブログに書きました。

長編童話は
11月末の朝、いきなり
お話のすべてが結末まで

ふわっと見えて

朝食も食べず、
紅茶さえ入れずに

あわてて書き始めました。

小学生の少年の
冒険物語です。

そして
1月上旬に第一稿146枚で
完成しました。

推敲して100枚くらいになると
思いますが

推敲って楽しいので
わくわくです。

ただ、この作品も
他の作品みたいに

勇気がでずに
コンクールにも出さずに

パソコンに眠るかも
しれませんが・・・

それについては
完成してから
考えたいと思います。

水彩画の描き方が初心者でもわかりやすい!おすすめの通信講座とは