水彩画で描く人物の肌色って何色?やってみたら1色ではなかった!

水彩画の人物画にハマっているのですが、肌色って何色?とはたと考えました。まずは描きながら混色してみましたが、単純な色ではありませんでした。


絵画教室よりも上達が速い!自宅で学べる!初心者向け水彩画講座

水彩画で描く人物の肌色って何色?

基本的に赤・黄・青の3原色の混色で
肌色をつくります。

・・・と書いている方も
おられますが

実際塗ってみると、
もっといろんな色を使ってしまいました。


「オーシャンブルー」2019

静脈が透けているところは黄緑色。
紫外線を浴びてないところは空色。
朝の光を感じるオレンジ色。

女性を描くとメイクの色もあって
何色も必要となりました。

肌色って、
茶色を薄めればいいんだっけ?

という当初の予想とは
ぜんぜん違ったのでした。

背景の色はユーミンの歌詞から

8年前

東京から引っ越すとき、
5千冊の本と
数百枚のCDを

すべてブックオフに
売ってしまいました。

大好きなユーミンのアルバムも
みんな売ってしまった。
と思っていたら、

実家に1枚置いてありました。

昔、帰省したとき
持って帰ってそのままになっていたようです。

「FACES」というアルバム。

この夏は
そればかり聴いているわけですが、

メインの曲が「オーシャンブルー」。

サビの歌詞が

明け方のオーシャンブルー
溶け出すホライズン

何度も聴いていたせいで

この歌詞が頭の中を
ぐるぐるしていて

気づくと

背景は「そういう感じ」で
塗っていました。

つまり

美しい女性の肌を描きたい!

ヌードが描きたいけど
モデルもいないし

下着の広告写真の
小さな切り抜きを参考に
描きはじめる

「オーシャンブルー」が
頭をぐるぐる

洋服が海色のビスチェになり

背景が

明け方のオーシャンブルーに。

という流れで仕上がったのでした。

初心者でもいきなり上手に描ける、プロ直伝!水彩画講座