透明水彩で新しい創作童話の挿絵を描いてみた

ひさびさに新作の創作童話を書きました。文章はまだまだ推敲しますが、とりあえず透明水彩で童話の挿絵を描いてみました。

スポンサードリンク

透明水彩で新しい創作童話の挿絵を描く

シンガポールの創作童話賞に応募したものの

ちゃんと英訳できているのかもわからず
さらに届いた英語のメールが解読できずに

なんだかうやむやになってしまって以来、

しばらく書いてなかった創作童話を

再び書くことに決めたので書いています。

少し長めの創作童話が
ほぼ完成しつつあります。

タイトルが決まりました。

しかしタイトルの強さが
お話の印象を超えたので、

バランスがとれるように

文章を
もっと濃厚に推敲している途中です。

という感じで
ぐるぐるしておる今日このごろ。

こんにちは。

ようこそくまちゃんカフェへ。

くまちゃんカフェ店長です。

パソコンでお話を書いている途中から
挿絵が描きたくなってたまらなくて

1シーンを

透明水彩で描いてみました。

うーん。楽しい。

しかし、文を書いていたかと思ったら
立ち上がっておやつを食べ、

気づくと

水彩絵の具を出している。

このあっちこっち興味が動くために

完成まで時間が長ーくなるのですよねー。

ともかく。

次はさらなる長編童話も書くことにしました。

よく考えると

もともとは

100枚200枚300枚と

長編童話を書いていたのに
誰にも見せないでいるあいだに

書いていたこと自体を
忘れそうになっていることに

気づいたのでした。

なんてことだ・・・。

新しい創作ノートを買ってこようっと。

スポンサードリンク