ちちんぷいぷい「とびだせ絵本」絵本作家長谷川先生の名言が響く

関西ローカル番組に「ちちんぷいぷい」というのがあって、「とびだせ絵本」コーナーを担当しているのが絵本作家の長谷川先生です。いまはスケッチ旅に出られないので「おうち時間」の子供たちへの絵画講座でした。名言が響きます。



ぷいぷいの絵本作家長谷川先生の名言

いまは
枠の中をきれいに塗るのが
よしとされていますが
そんなことはどうでもいい
絵は「描く」こと。

大きな筆と大きな絵具で
体で描く。

関西ローカル番組
「ちちんぷいぷい」の「とびだせ絵本」コーナーを
担当されているのが絵本作家の長谷川義史先生です。

長谷川義史絵本一覧【絵本ナビ】

いまはスケッチ旅ロケに
出られないので絵画講座でした。

下書きに使った紙の上に
ビニール袋をのせて
大胆に絵の具をのせて

パレットにされていました。

チューブはテレビ画面で見ると
たぶん
ターナーのアクリルガッシュ。

水彩紙は「アルシュ」です。

大きなチューブを
4色+墨汁で描いているそうです。

勢いよく描いて、
仕上げは指で点々と花を。

絵本にも登場する90歳の

おおにしせんせい
長谷川義史絵本一覧【絵本ナビ】

「おおにしせんせい」の
提案で

おうち時間を過ごす
子供たちに向かって講義されたわけですが

大人の私に
なぜか響きました。

たまたま、
海の絵を描いているところで

どう塗れば上手に見えるかな。。。

と、

ちまちま
考えているところだったのですが、
番組を見た後

そっか、
自由に描けばいいのか。

と思いなおして、

一気に完成したのでした。

というわけで
子供ではなく大人なのに

響いたよ~先生、という感じです。

おうち時間に絵を描くのはいいですね。
あなたもいかがですか?

透明水彩画を0から始めたい!という方にはこれがいいかも↓